山岳会:湘南ひよこ 神奈川県山岳連盟所属 平塚山岳協会所属


2017年度会員を募集しています。   


山岳会:湘南ひよこ2016年度活動実績2015年度活動実績2014年度活動実績2013年度活動実績2012年度活動実績

安全登山の技術と知識を学びながら 新しい登山を始めてみませんか ?

山岳会:湘南ひよこは神奈川県平塚市を拠点に活動している山岳会です。
安全登山を基本に、ハイキングから冬山登山や沢登りまでオールラウンドな登山を行っています。
ただ歩くだけの山登りに飽きてきた方、山登りを始めてみたもののこれから先どういう方向性でやっ
ていけばよいのかわからない方、より積極的な登山を望む方、私たちと一緒にワンランク上の登山
を始めてみませんか?
山岳会:湘南ひよこではワンランク上の登山を目指す会員が安全な登山をするために、積極的に
登山の知識や技術の習得トレーニングを行っています。
        

会の紹介 CONCEPT

山岳会:湘南ひよこは神奈川県平塚市を拠点に活動する社会人山岳会です。

創立 2004年
加盟団体 神奈川県山岳連盟 平塚山岳協会
代表 古正 昌男(フルショウ マサオ)
会員数 31名(男性13名 女性18名 2012年6月現在)
定例集会 毎月1回 第3木曜日に19時〜21時に主に平塚市中央公民館で開催
活動日 土日、祝祭日を中心に都合が合えば平日も活動
会員構成 20〜60代まで幅広い年代層が参加

平塚市中央公民館への地図はこちら

山岳会:湘南ひよこは会員の安全を重視する山岳会です。

山岳会:湘南ひよこは、積雪期登山、沢登り、岩登りから、クライミング、縦走、ハイキングまで
オールラウンドな登山を楽しんでいます。
山岳会:湘南ひよこには積極的登山を目指す登山部と、山野や自然楽しむハイク部があります。登
山部とハイク部は時に一緒に、また時に別々に活動していいます。
山岳会:湘南ひよこでは山行計画や山行への参加の強制はなく、個人がどのような形態の登山をし
ても自由ですが、どのような形態の登山をするにしても安全登山をすることを非常に重視しています。
どのような形態の登山をするにしても最低限の技術や知識が必要です。
そのため、山岳会:湘南ひよこでは登山をする上での最低限の基本技術や知識を身につけていただ
くために、会で技術習得トレーニングを積極的に開催しています。
男女ともに健康で前向きな気持ちのある方でしたら、年齢や登山経験は問いません。
山岳会:湘南ひよこで私たちと一緒に個人ではできない登山を始めてみませんか?


お問い合わせ
山岳会:湘南ひよこの連絡先
〒254-0019
神奈川県平塚市西真土 3-6-34
古正 昌男(フルショウ マサオ)
E-mail shonan_hiyoko@yahoo.co.jp



山岳会:湘南ひよこ2016年度活動実績2015年度活動実績2014年度活動実績2013年度活動実績2012年度活動実績

[ 私たちの足跡2016 ] 山岳会:湘南ひよこ2016年度活動 抜粋
活動山域・山名参加数
2016年
03月25〜26日南アルプス)鳳凰三山2人
04月02日丹沢:水無川)モミソ沢遡行1人
04月10日丹沢)鍋割山ハイク5人
04月24日奥多摩)高水三山縦走8人
04月25日丹沢:四十八瀬川)勘七の沢遡行2人
04月30日西丹沢)不老山ハイク3人
05月02日丹沢)鍋割山〜塔ノ岳縦走2人
05月08日丹沢)寄本流上半〜雨山峠縦走5人
05月15日多摩丘陵)北高尾山稜縦走7人
05月22〜23日那須)大峠〜三本槍周回縦走1人
05月24日丹沢)モミソ岩:岩登り訓練3人
06月01日丹沢:水無川)モミソ沢遡行2人
06月05日全国一斉水調査に参加3人
06月12日丹沢:寄)茅の木棚山稜縦走3人
06月19日西丹沢:大滝沢)マスキ嵐沢遡行2人
06月25日岩登り技術机上講習4人
07月01日丹沢)小丸尾根からの塔が岳1人
07月08日越後)八海山2人
07月10日丹沢:水無川)新茅の沢遡行とモミソ岩々訓練2人
07月14日丹沢:水無川)沖源次郎沢大棚登攀4人
07月16日丹沢)はなじょろ道からの高松山ハイク5人
07月23日奥多摩)川苔山1人
07月27日丹沢)モミソ岩々登り訓練4人
07月30〜8/1日八が岳縦走(阿弥陀岳〜北八つ:天狗岳1人
08月02〜08日南アルプス北部縦走(北岳〜赤石岳)1人
08月06日丹沢:四十八瀬川)勘七の沢遡行4人
08月09日丹沢:川)葛葉川本谷遡行3人
08月10日上越)谷川岳(オキノ耳)2人
08月13日奥多摩)本仁田山1人
08月25日天子山塊)雨が岳1人
08月27日丹沢:四十八瀬川)四十八瀬川本流遡行3人

(奥多摩)高水三山縦走
<期日>2016年4月24日

奥多摩の山歩きは高水三山からと定評があり、三山をめぐり充実度の高い登山でした。天候は曇り空で、高水三山では唯一展望が良いとされている岩茸石山でも、白い霧に巻かれて景色は望めなかったが、それでも山を歩けたことが何よりの心に残るハイキングでした。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

霧にむせぶ山頂 Part-1
[ 私たちの足跡2016 ] 山岳会:湘南ひよこ 2016年度活動 抜粋の表に戻ります。

(丹沢)はなじょろ道からの高松山ハイク
<期日>2016年07月16日

田代向は小雨であり、高松山付近になると傘をさして歩く程の雨となる。雨に当たると肌寒かった。ガスが冷たかった。
はなじょろ道は案内板も細かくあり、道もヒネゴ沢までは舗装され歩きやすい道であった。小さな鐘のあるここから山道となって起伏もあり、カエルやミミズなどもおり次は何かと楽しめた。ヒルも2匹だがいた。高松山からの眺めが良い所と期待したがガスがかかり、富士山など見る事が出来なかった。
   高松山から新松田までの道は住宅地の中を通るので迷いやすいのと、舗装道路を歩く時間が長く感じた。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

霧にむせぶ山頂 Part-2
[ 私たちの足跡2016 ] 山岳会:湘南ひよこ 2016年度活動 抜粋の表に戻ります。

八ヶ岳縦走(阿弥陀岳-赤岳-横岳-硫黄岳-北八つ:天狗岳)
2016年07月30日〜08月01日

初めての縦走だったので、余裕を持って入念に計画を立てました。行程中には岩場・鎖場も有るので緊張感もあり、終始慎重な行動を取りました。
南八ヶ岳の核心部“赤岳・阿弥陀岳・横岳縦走”の2日目は、富士山、南ア・中央アルプスまで見渡せる好天気だったので、眺望に背中を押されて足取りは軽かった。
赤岳と阿弥陀岳を振り返る、歩いてきた稜線。陽の当たる赤岳とシャドウ阿弥陀岳のコントラストが実にカッコ良かった!。心に残る大切な思い出になりました。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

赤岳と阿弥陀岳です。山々と雲の織りなす無限の表情。
[ 私たちの足跡2016 ] 山岳会:湘南ひよこ 2016年度活動 抜粋の表に戻ります。

(丹沢:四十八瀬川)勘七の沢遡行     
<期日>2016年8月6日

今年の夏は本当に雨が多い。暑い夏の1日を水などかぶりながら沢登りしようと出かけてきたが、昨日の雨で山谷は濡れ放題、沢筋は思った以上に冷たくて、これで“夏かな?”。水量がさほど多くなかった事だけはよかった。写真はF4取り付き。
F1から大滝までフツーに遡行していくと、楽しみゾーンの上部ゴルジュ帯に入る、ここはいつ来ても楽しい。みんな思い思いのルートを取って濡れながら勝手に遡行していけば堰堤に当たってゴルジュは終了。大倉尾根のP1128に出て遡行を終えた。 良い沢でした。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

[ 私たちの足跡2016 ] 山岳会:湘南ひよこ 2016年度活動 抜粋の表に戻ります。

お問い合わせ
山岳会:湘南ひよこの連絡先
〒254-0019
神奈川県平塚市西真土 3-6-34
古正 昌男(フルショウ マサオ)
E-mail shonan_hiyoko@yahoo.co.jp



山岳会:湘南ひよこ2016年度活動実績2015年度活動実績2014年度活動実績2013年度活動実績2012年度活動実績

[ 私たちの足跡2015 ] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋

活動山域・山名参加数
2015年
03月21日小渕山稜)鷹取山6人
03月30〜31日八ヶ岳)赤岳雪山登山2人
04月04〜05日北八ヶ岳)天狗岳雪山登山2人
04月12日丹沢)仏果山4人
04月12日春合宿ボッカ訓練(丹沢)大倉尾根。金冷し沢4人
04月19日秦野丹沢祭り・山開きに参加3人
04月22日丹沢:玄倉川)ヘイロク沢2人
05月01〜04日中央ア)木曽駒・宝剣岳雪山登山6人
05月17日丹沢:モミソ岩)ハイクのための岩場訓練11人
05月17日丹沢:モミソ岩)沢登りに向けた技術訓練5人
05月25日丹沢)寄沢本流遡行2人
05月30日丹沢:モミソ沢)沢登りに向けた技術訓練5人
06月09〜10日日光連山)日光白根山1人
06月13〜14日丹沢:玄倉川)ユーシン沢2人
06月22日丹沢:中川川)モロクボ沢遡行2人
06月29日丹沢:河内川)滝口沢左俣遡行2人
07月12日神奈川岳連)救急法講習会4人
07月13日丹沢:中川川)マスキ嵐沢遡行・下降3人
07月20日丹沢)蛭が岳1人
07月
08月
31日
〜03日
北アルプス)槍ヶ岳3人
08月06日丹沢)畦が丸1人
08月16日丹沢)桧洞丸1人
08月27日丹沢:玄倉川)小川谷2人
09月14日丹沢)桧洞丸3人
09月20日陣馬山ハイク4人
10月03日丹沢)新茅の沢遡行2人
10月6〜7日上越)平標山〜仙の倉山1人
10月12日丹沢)源次郎沢遡行2人
10月21日平塚協会)ロープワーク講習会14人
10月23〜24日会津)二岐山、小野岳2人
10月31日丹沢クリンピア21秦野(清掃活動)4人
11月03日丹沢)葛葉川本谷遡行3人
11月11日沢登り技術机上講習会5人
12月23〜24日八ヶ岳)北横岳雪山登山5人
12月26日丹沢)モミソ沢遡行・技術訓練2人
2016
01月04日丹沢)大山川遡行2人
01月11日丹沢)大山南尾根ハイク4人
01月17日新春鍋ハイク)権現山14人
01月04日丹沢)小丸尾根からの塔が岳4人
02月10日御坂山塊)三方分山1人
02月12日丹沢)塔が岳3人
02月21日丹沢)鳥の胸山1人
09月25日御坂山塊)鬼が岳雪山ハイキング5人
03月13日丹沢)葛葉川本谷遡行1人
03月16日丹沢)大山三峰雪山ハイキング3人

晴天の陣馬山ハイク山の料理講習会


(八ヶ岳)赤 岳 登 山
<期日>2015年03月30日〜31日  天候: 晴れ

圏央道開通のおかげで寒川南ICから美濃戸口駐車場まで2時間という驚きの速さで到着。
美濃戸口から長い林道と南沢の歩きとなる。ひたすらの歩きに疲れて着いた行者小屋のすぐ目の前には明日登頂する赤岳がそびえ立ち、高峰に囲まれた最高のテン場。
翌日は文三郎尾根から赤岳山頂を目指す。朝日を浴びる阿弥陀岳を横に・背に見ながら高度を上げていく。頂上直下は一部凍っている個所もあり緊張したが岩場と雪のミックスを登り終え、小さな祠のある赤岳山頂2899mに登頂!!。無事の登頂に感謝を込めて祠に合掌。登頂という1点のみを見つめ無心になって登り着いたその瞬間のこの上ない満足感と達成感。遠く富士の山並みまで包み込む雲海と山々に感謝。
下りは地蔵尾根。樹林帯に入るまでは急な下りや雪稜が続き、慎重に下降を続けて行者小屋に着いた。登れた事の嬉しさと、去る事の寂しさとそんなものを感じながら撤収し、南八ヶ岳連峰に別れを告げて何度も後ろを振り返りながら美濃戸に下った。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

[ 私たちの足跡2015 ] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋の表に戻ります。

(丹沢)仏果山ハイク
<期日>2015年4月12日

前日の雨にもかかわらず登山道は快適で、何と言っても木々の芽吹き、香り、小鳥の声、心地よい春風。薫風です。
芽吹いた木々の間に点々と春華が色を染め、春霞が登山者の心を和ませてくれました。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。


[ 私たちの足跡2015 ] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋の表に戻ります。

春山合宿(中央アルプス)木曽駒ケ岳・宝剣岳
宝剣岳登攀・2015年5月2日  木曽駒ヶ岳登頂・5月3日

雪の宝剣岳に登ろう!、雪を踏みしめて木曽駒ヶ岳本峰に立とう!。勇躍出かけたものの、今年は異常とも言える積雪の少なさで、ちょっとガッカリやら歩きやすさに納得したりと、自然の気まぐれにお付き合いさせられた春山合宿でした。
確実な登攀でしっかりと宝剣岳山頂を踏むことが出来た、岩だらけの狭い頂上にある小さな祠に手を合わせ、お賽銭を供える。雄大な景色を魅せてくれた事に感謝!。
木曽駒ヶ岳の頂上から見る絶景は忘れることはできない。北アルプスから南アルプスまで360度見渡せるその大パノラマは、今まで登ったどの山よりも美しく、雄大で、鮮明なものだった。
入山日は宝剣山荘前テント場の雪を整地してBC設営。雪のベンチで宴会モード、座った正面には連綿たる山々が見られ、ここで飲むお酒はまた格別だった。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。



[ 私たちの足跡2015 ] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋の表に戻ります。

ハイキングの為の岩場基礎訓練          
2015年5月17日。 (丹沢)モミソ岩

【目的】ハイキンク中に出合う岩場・鎖場などを安全に通過(登下降)するために、基礎的な岩場の技術とロープワークを学ぶ。“安全第一”で楽しいハイキングをしましょう。
<私の感想> 
  初めての岩場訓練は不安だらけでした、もちろん最初から上手に出来るとは思っていないので、とにかく一生懸命やるだけでした。
まず、器具の説明を受ける、 次にロープの結び方。結んだロープを木や柱にセットする仕方。
いよいよクライムになり、ロープで身体を確保してもらっての岩の登り方・下り方にトライする。岩の出っ張りの持ち方と3点支持で安定させながらの体の動かし方。頭では分かっていても出来ない。これはもう練習を繰り返す以外無いのだと思った。ですが今回学んだことは“安全第一”。
講師の方々は、途中でお茶休憩タイムを設けられたほど家庭的な雰囲気づくりに気配りされ、なかなか難しい訓練をより楽しく過ごせるように努力されていました。ほんとうに感謝でした!

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

[ 私たちの足跡2015] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋の表に戻ります。

(丹沢:玄倉川)ユーシン沢遡行          
<期日>2015年06月13〜14日  天候: 曇りのち雨

水ぬるんできたこの時期は、多少濡れることなど気にしないでゆっくりと渓谷を遡るには良い季節です。長大な癒し系の谷をゆっくりと遡行しようと、ユーシンロッジ裏手から桧洞の谷に入渓しました。魚止めの滝など越えて広い二俣に出合い、右のユーシン沢に入りました。さあ!ここからは長大な癒し系の谷を堪能するんだと勝手に決め込んだのもつかの間、温暖化の影響?なのかあちらもヌルヌルこちらもヌルリ!と少々疲れたころ、ヌルヌルの2段の大滝に出合う、上段(写真)を少々闘って越えればあとは人跡少ない渓谷大自然の懐に潜り込むがごとく抱かれた。
夜半からの雨ですら心平穏に受け入れられたのも玄倉川源流の良さでしょう。堪能しました。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。


[ 私たちの足跡2015 ] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋の表に戻ります。

西丹沢:白石沢支流)モロクボ沢遡行          
<期日>2015年06月22日   天候:曇り時々晴れ

超癒し系の苔むす谷を歩こうと入渓したモロクボ沢は、大滝を超えると連瀑帯が現れる、背の立たないお釜のへつり、ナメ滝・・と綺麗な流れの遡行が続く。まだ水が冷たくて残念ながら泳ぐ気にはなれない。連瀑を遡行していくとあっという間に堰堤が現れ、モロクボ沢の核心部は終了となる。
その後は癒し系の谷がどこまでも続く、お釜の中では稲妻のように走る黒い陰影が・・。ひと時水と魚に戯れ、上流部では静かな苔生すゴーロをゆったりと堪能しながら進む。綺麗な流れは疲れも忘れさせてしまうのか、ふかふかの絨毯の中にたたずむと時間の感覚も止まってしまうのか。
苔生す谷は静寂の中に沈んでいた。


ココをクリックすると写真のみ表示されます。1枚目
ココをクリックすると写真のみ表示されます。2枚目
[ 私たちの足跡2015 ] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋の表に戻ります。

(丹沢)蛭ヶ岳一人歩き           
<期日>2915年7月20日  (晴れのち曇りのち雨)

丹沢の最高峰・蛭が岳にはずっと行きたいと思っていた、長いのは承知で大倉尾根からの一人旅。
殆んど人に合わずに静かで気持ち良く、蛭が岳に続く開けた稜線は熊笹の緑に覆われていて何とも言えず綺麗である、その稜線の先端に見える蛭が岳は鬼が岩の向こうに浮かんでいる。
10時15分念願の蛭が岳登頂!!丹沢最高峰踏破。山頂には男性一人のみで実に静かだ〜!。山小屋の叔父さんは洗濯中、のどか。
静かな尾根歩きに小鳥のさえずりのみが響き、一人山行に楽しさを与えてくれた。先人が築いたこのルートを歩かせていただき、多くの山々に向きあえる事に本当に感謝だな〜!と心静かに思う。丹沢の奥深い山々と深い谷を眼下に焼き付けながら。


ココをクリックすると写真のみ表示されます。1枚目
ココをクリックすると写真のみ表示されます。2枚目
[ 私たちの足跡2015 ] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋の表に戻ります。

西丹沢:玄倉川)小川谷廊下遡行          
<期日>2015年08月27日  天気:曇り一時小雨

丹沢一の美渓“小川谷”。ゴルジュ・ヘツリ・お釜、そして水との闘い。大きな目標沢であった小川谷廊下の遡行が出来ました。台風の影響で雨が続き倍近い水量であり、流れも速い、水音は大きく声が消される。
入渓後直ぐのF1を右から登るとネットでおなじみのF2CS滝は大岩右ルートに物凄い勢いの水流、ルートを大岩左トイ状滝に取るが、水の勢いが半端でなく、顔にかかると息が出来ない水圧と闘い何とか登りきる。さっそくに小川谷の手厚い洗礼を受けた。名物ツルツル大岩を越え、石棚のゴルジュに突入してすぐのF4曲り滝は胸まで浸かるゴルジュをヘツって上部スラブ滝を直登。最後の8mの滝は左流心側のカンテを跨ぐ様にしてフリクションで乗り越えた。最後の壊れた大きな堰堤で遡行終了、やっと終わった安堵感!
深く大きいお釜、ブルーのお釜、白い石棚のゴルジュ、スラブ滝、トイ状滝、ヘツリ、水圧と闘いの連続。この美しい渓谷を心行くまで堪能した。大自然の素晴らしさにありがとうございました。


ココをクリックすると写真のみ表示されます。1枚目
ココをクリックすると写真のみ表示されます。2枚目
ココをクリックすると写真のみ表示されます。3枚目
[ 私たちの足跡2015 ] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋の表に戻ります。

晴天の陣馬山ハイク         
<期日>2015年9月20日

シルバーウィークの二日目はお天気にも恵まれ、陣馬山ハイクはゆっくり歩きで楽しみました。まだまだ秋には早く緑旺盛なコースは樹下の散策路といったところ、思わず写真を撮りました。
広々とした陣馬山山頂に着きましたが、遠くは雲がかすんでいて富士山は見えませんでした。ちょうどお昼時ということもあり山頂は大勢の人が休憩していました、人気の山なんですね。


ココをクリックすると写真のみ表示されます。1枚目
ココをクリックすると写真のみ表示されます。2枚目
[ 私たちの足跡2015 ] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋の表に戻ります。

2015年9月24日  山の料理講習会          

山の料理講習会に参加しました。私たちの提案メニューは“パスタ”。
パスタは登山のベースキャンプなどでは普通に食べられていますが、 私達の提案はパスタソースに“レトルトパックのカレー”を使用した ことです。
歩き疲れてBCに着いたときは、カレーのスパイシーさが食欲を目覚 めさせてくれます。山ではおいしく食べられるのがありがたい。


ココをクリックすると写真のみ表示されます。
[ 私たちの足跡2015 ] 山岳会:湘南ひよこ 2015年度活動 抜粋の表に戻ります。

お問い合わせ
山岳会:湘南ひよこの連絡先
〒254-0019
神奈川県平塚市西真土 3-6-34
古正 昌男(フルショウ マサオ)
E-mail shonan_hiyoko@yahoo.co.jp



山岳会:湘南ひよこ2016年度活動実績2015年度活動実績2014年度活動実績2013年度活動実績2012年度活動実績

[ 私たちの足跡2014 ] 山岳会:湘南ひよこ 2014年度活動 抜粋

活動山域・山名参加数
2014年
03月27〜28日丹沢)ナイトハイク:丹沢山2人
03月22日南高尾山稜縦走8人
04月05〜06日北八ヶ岳)天狗岳)8人
04月11日丹沢)四十八瀬川本流遡行2人
04月19日中央線沿線)九鬼山ハイク8人
05月03〜05日春山合宿)(北アルプス)蝶が岳4人
05月11日丹沢)葛葉川本谷遡行7人
05月17日丹沢)茅の木棚山稜縦走5人
05月18日と24日新人沢登り訓練延べ18人
05月25日山岳会:湘南ひよこ10周年イベント&ハイク延べ19人
06月01日丹沢・四十八瀬川流域)勘七の沢遡行2人
06月02日全国一斉水調査に参加(金目川、渋田川)4人
06月20日丹沢)沖の源次郎沢登攀2人
06月21日伊豆)天城山ハイク7人
07月06日神奈川岳連)救急法講習会に参加3人
07月12〜13日丹沢)背戸の沢右俣遡行(岳連登山教室1人
07月21日道志)御正体山ハイク3人
07月27日西丹沢)鬼石沢沢遡行5人
07月21日西丹沢)マスキ嵐沢遡行6人
08月02日西丹沢)モロクボ沢遡行6人
08月12日中央線沿線)岩殿山ハイク3人
08月24日曽我丘陵ハイク7人
08月25日丹沢)水無川本谷遡行2人
09月15日西丹沢)水晶沢左俣遡行7人
09月27日丹沢:モミソ岩)沢登り講習&遭難対策訓練7人
10月04日大菩薩嶺ハイク10人
10月08日雪山装備机上勉強会11人
10月19日丹沢)新茅の沢遡行5人
10月30日高尾山稜)草戸山ハイク5人
11月08日奥多摩)日の出山〜御岳山ハイク10人
11月23日丹沢・四十八瀬川流域)勘七の沢遡行3人
11月30日高尾山稜)堂所山ハイク5人
12月07日丹沢・谷太郎川流域)鳥屋待沢遡行6人
12月20〜21日北八ヶ岳)北横岳雪山登山8人
12月28日丹沢:水無川)戸沢左俣遡行2人
2015
01月
08日丹沢:水無川)戸沢右俣遡行2人
01月10日新春鍋ハイク)弘法山11人
01月17〜18日大菩薩嶺雪山登山7人
01月28日丹沢:水無川)新茅の沢遡行2人
02月07〜08日奥秩父)瑞牆山雪山登山7人
02月28日神奈川岳連)自然保護セミナーに参加4人
02月15日沼津アルプスハイキング6人
03月07〜08日上信越)鹿俣山4人
03月17日丹沢・四十八瀬川流域)四十八瀬川本谷遡行2人

春山合宿・(北アルプス)蝶が岳
<日程>:2014年5月3日〜5日

12月から始まった雪山登山の締めくくりの(春山合宿)蝶が岳は天気良くスタート。
《5月3日》初めての上高地。河童橋、焼岳・大正池・西穂高・明神岳等々近い!、目が釘づけだ。時々頭上の山並みを仰ぎながら重い荷物を背負い平坦な林道を徳沢園に到着、穂高も目の前でいう事なし。テント設営後ゆっくりと過ごすが、朝から地震が続きテントの中でも何度か突き上げるような地震を感じる。
《5月4日》今日の朝は晴天で明けて暖かい。今日は蝶が岳往復です。長塀尾根はいきなりの急登で木の根が張った急斜面をひたすら登る、雪が出ても相変わらずの急登にアイゼンを着ける。目指す頂上は蝶が岳。まず長塀山、右側に大きな池(雪の窪み)が現れる、左手前方に蝶が岳ヒュッテ、いつの間にか蝶が岳に到着10時30分、所要時間約5時間。天気は快晴。また一つ頂上に一歩を刻むことが出来た。山頂からは南アルプス・八ヶ岳・妙高・遠くに富士山、そして穂高連峰・槍ヶ岳・常念岳・360度の大パノラマの美しさを堪能できた。思えば全く歩けなかった自分が夏山合宿に行きたいと言い出してから今日まで、沢山の方々の指導の元に進んでくることが出来た、その結果がこんなにも素晴らしい空間に踏み込めた事に本当に心から感謝。
休憩後蝶が岳を後に下山する。青い空の下で雪に覆われた穂高連峰の岩稜、北アルプスの山並み、直ぐ目の前にある日本のマッターホルン:槍ヶ岳にさようなら!。
《5月5日》下山。まだ暗い徳沢園を後に黙々とランプの明かりを頼りに林道を歩く。上高地バスセンターに着いたら雨になった。昨日の美しく穏やかな山々を心に写して仕舞い込む。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

見よ!! あれが穂高連峰だ!
[ 私たちの足跡2014 ] 山岳会:湘南ひよこ 2014年度活動 抜粋の表に戻ります。

西丹沢)中川川流域:鬼石沢
<期日>2014年7月27日

遡行前日には広い河原を進んで雨棚の見学に行きました。迫力ある地獄棚出合滝の下を通り過ぎ前衛の滝を登ると、丹沢三名瀑と言われる雨棚が目の前に現れる。V字の凹角を真直ぐに・美しく・鋭利に降り注ぐ迫力満点の水流、真下から上空を仰ぎしばらく呆然と見惚れる。
翌27日は鬼石沢遡行。一軒家に不要の荷物をデポしていざ出発。F2、F3と直登していくと、滑滝に出合う、花崗岩の岩を小鈴が這うようなさわやかな水音が水の透き通る美しさを際立たせている。F5鬼石CS滝は巨岩の折り重なる隙間を胎内くぐり、次に堰堤上の大岩、何とも絵になる不思議な光景です。巨岩帯が続く、大きな岩の連続、綺麗な水の流れ・どっしりと動かない大きな蛙・木々の緑・青い空のコントラスト・苔色に変色した大岩・苔床・私の大好きな苔ロード、明るい緑の渓相が美しすぎて何度も振り返りながら後ろからゆっくりと進んで行く。気持ちが乗っていると時間は短い、あっという間に遡行は終わり奥の左俣の手前から詰めルートに入る。詰めルート取りは完璧で、直ぐに尾根に上がることが出来た。
    自然の沢の中で過ごす非日常的な時間、美しい流れと共に心も洗われる穏やかな時間、こんな素敵な時間の中を一度でも通り抜けると、小さな目標がまた一つ芽生えケルンのごとく積み重なっていく。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

[ 私たちの足跡2014 ] 山岳会:湘南ひよこ 2014年度活動 抜粋の表に戻ります。

沢登り講習会 & 遭難救助訓練(モミソ岩)
【 期 日 】2014年9月27日、(丹沢:モミソ岩)

《 沢登り講習会テーマはトラバース中に墜落したらどうなるか 》
私は’沢登り’という言葉は聞いたことがあるが体験はない。不安と期待が入り混じった気持ちで参加しました、教えていただいたことすべてが新鮮だった。特に岩に登るとき、指導の方の動きを見ているととても簡単そうに見えたが、いざ自分がやるとどの足を動かしたらよいのかさえわからなくなりぎこちない動き。
トップまたはラストがトラバース中に墜落するとどうなるか?、のシュミレーションは6sの重りを落として行う。ランニングを多く取った場合と、少なく取った場合に分け、墜落したらどのように振られてしまうのか? 勢いよく壁にぶつかる様子を実際に認識する事が出来た。あの重りが私だったら・・・?
《 遭難救助訓練テーマは、目の前で仲間が登山道から崖下に転落してしまった。私はどうしたらよいでしょうか? 》
実際の事故を想定しての訓練で、役割分担も、どのように自分が動いたらよいのかも理解できた。
帰宅すると御嶽山が噴火したというニュースが飛び込んできた。まさに今訓練したことが役に立つのだと感じた。もし私たちパーティーが事故等で救助を要請しても来てもらえない可能性が出てくる。そういう場合でも自分たちが取れる行動を考えていく必要があると感じた。


写真をクリックすると写真のみ表示されます。

[ 私たちの足跡2014 ] 山岳会:湘南ひよこ 2014年度活動 抜粋の表に戻ります。

(奥多摩)日の出山〜御岳山ハイク          
< 期 日 >2014年11月08日(土)  天気:曇り、風無し

山岳会湘南ひよこに入会して初めてのハイキングに参加しました。大勢で山を歩くのは本当に久しぶりで、ご一緒するのが初めての方々でもあり、出だしは少し緊張しました。
日向和田駅から静かな村落を抜け、一層静かな・全く静かな樹間を淡々と緩やかに登って、最初に開けた三室山からの眺望はいつもと違う景色が広がっていてとても新鮮でした。さらにゆるゆると登る樹下の径は無風に沈む白色の空間がどこまでもついてくる。なかなか気合いの乗らない歩きでしたが、石垣を越えて到着した日の出山の山頂は多くの登山者が休憩していてびっくり、宴席・お茶群・歓談etcの人々。ここで私たちも記念写真を撮り、人々の混雑をあとにひと下り・ひと登りで御岳山に近づくと、ここはもはや観光地。寺社仏閣・宿坊・売店・行きかう観光客、私たち背中のザック姿が異次元人種で肩身の狭いくらいでした。それでも御岳山登頂、本殿に参拝し道中安全を祈願。
今回のハイキングでは天気も崩れる事なく、美しい野鳥のさえずりさえも聞けて大変感謝でした。
これから沢山の山を皆さんとご一緒できる事を楽しみにしています。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

御岳山ハイク
[ 私たちの足跡2014 ] 山岳会:湘南ひよこ 2014年度活動 抜粋の表に戻ります。

(北八ヶ岳) 北横岳(雪山登山)          
<日程> 2014年12月20日〜21日 

毎年恒例の雪山オープニング登山“(北八ヶ岳)北横岳”ですが、私は北横岳初参加となりました。
計画当初、積雪がある?と心配もされましたが、爆弾低気圧の影響で十分すぎるほどの積雪で初歩きができました。久しぶりに雪山用の靴を履き、自分なりにしっかりと踏んで登っているつもりでしたが、何度もずるり!でした。ヒュッテからの急登を登り切り北横岳南峰に着いてそのまま北峰に登頂、天候下り坂で雲っていたので山頂からの景色は望めず記念写真を撮ってすぐに下りました。山頂での全員で登頂できた喜びの握手がすごく感激でした。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

[ 私たちの足跡2014 ] 山岳会:湘南ひよこ 2014年度活動 抜粋の表に戻ります。

新春鍋ハイク          
< 期 日 >2015年1月10日(土)

2015年明けましておめでとうございます。
新春早々の今日は、陽射しが温くて風はなく天気もほどほど。集合の河原町バス停に集まった会員は正月疲れも見せずほどほどに元気。浅間山を越えてほどほどの歩きで権現山に着き、手作りのおいしい鍋をいただきました。今年もおいしい山歩きに堪能したいと思います。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

[ 私たちの足跡2014 ] 山岳会:湘南ひよこ 2014年度活動 抜粋の表に戻ります。

大菩薩嶺(雪山登山)         
<期日>2015年01月17日〜18日

前回の北横岳と違って今回が自分にとって初雪山初テント泊である。テント泊装備のザックはずっしりと重く知らず知らずのうちに前かがみになって歩いてしまう。
テント設営後のテント内での生活は、楽しい雰囲気の中でも火気の扱いやスペースの有効利用など、皆さんが協力しあい気配りしあって行っている姿に学ぶことが多かった。就寝後はしんしんと冷え、まさに冬のテント泊の寒さの厳しさを実感した。
翌日は心配していた風もやみ、快晴の中はじめてアイゼンをつけて山頂まで登っていく。急斜面を登り終えるとほとんど無風の中で広がる、ほれぼれするような雪景色や遠くの山々は、例え様もなく気持ちがよかった。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

[ 私たちの足跡2014 ] 山岳会:湘南ひよこ 2014年度活動 抜粋の表に戻ります。

お問い合わせ
山岳会:湘南ひよこの連絡先
〒254-0019
神奈川県平塚市西真土 3-6-34
古正 昌男(フルショウ マサオ)
E-mail shonan_hiyoko@yahoo.co.jp



山岳会:湘南ひよこ2016年度活動実績2015年度活動実績2014年度活動実績2013年度活動実績2012年度活動実績

山岳会:湘南ひよこ 2013年度活動実績(抜粋)

活動山域・山名参加数
2013年
03月(谷川岳)谷川岳登頂 & 雪洞訓練7人
04月(丹沢)四十八瀬川本流遡行4人
05月(丹沢)渓流遡行勉強会(初心者対象)16人
05月(秋山)二十六夜山ハイク7人
06月(レディースハイク)伊豆:天城山6人
06月(丹沢)大倉尾根:夏山合宿ボッカ訓練7人
07月(天子山塊)毛無山ハイク9人
07月(丹沢:中川川流域)白石沢本流遡行2人
07月(丹沢)三の塔尾根(夏山合宿訓練)11人
07月(丹沢)四十八瀬川流域)小草平沢遡行(新人訓練)9人
07月神奈川岳連:救急法講習会2人
08月(夏山合宿)北アルプス:白馬岳9人
08月(北アルプス)西穂高岳山稜縦走(西穂〜奥穂)2人
09月(丹沢:中川川流域)雷木沢遡行5人
09月(中央線沿線)鶴が鳥屋山9人
10月(読図訓練)(西丹沢)畦が丸7人
11月クリンピア21秦野会場(秦野市主催)に参加4人
11月神奈川岳連:遭難救助講習会4人
11月(丹沢:水無川流域)源次郎沢遡行9人
12月(丹沢:谷太郎川流域)水の尻沢遡行4人
12月(箱根)明神が岳ハイク5人
12月(北八が岳)北横岳雪山登山5人
2014年
01月(奥秩父)乾徳山雪山登山8人
01月新春鍋ハイク:(丹沢)弘法山15人
02月(丹沢)大倉尾根からの塔が岳雪山登山5人
03月(北八が岳)蓼科山雪山登山6人

レデイースハイク 〜天城山〜 
<期日>    2013年6月9日(日)    天候:曇り時々晴れ

 小説「伊豆の踊り子」にも登場する天城山は以前より私の気になっていた山です。伊豆半島の真ん中にあり百名山にも数えられています。今日はレデイースハイクで花と緑とおしゃべりで楽しく行けたらと思い企画しました。
バスは終点天城高原ゴルフ場に着く、バスのアナウンスに従い登山口の階段を下りて、すべりそうな木の階段や石の段に気を付けて歩き始めると綺麗なコケの群生に出会う、きれいな絨毯。「四辻」から万次郎岳・万三郎岳方面にコースをとって新緑の中を歩き、小さい沢をいくつか渡って、汗を拭き拭き急な階段を登る。せみの鳴き声を聞きながら樹林の中の万次郎岳の山頂に出たが展望はなくて残念。小休止して万三郎岳を目指し、ほどなく鞍部の「馬の背」、やや下るとアセビのトンネル、ここをぬけるとブナの巨木が目立つようになり、さらに尾根道を進んでいくとブナとツルツルのひめしゃらの林がとても気持ちが良い。シャクナゲの花はちょっと遅かったようですが群生している中に淡いピンクの花がはずかしそうに咲いていた、心慰められる花でした。
花と緑とおしゃべりに飽きることなく登っていくとひょっこり天城山最高峰万三郎岳の頂上に飛び出た、山頂の標識は「ばんざぶろうたけ」でした。
  下山には満開の山つつじに魅了され、「山つつじ見納め!」と心に刻み駐車場に向かった。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

2013年度活動実績(抜粋)の表に戻ります。

初めてのアルプス、初めての夏山合宿:白 馬 岳 
期 日 】2013年8月10日〜8月12日

このコースの厳しい所は栂池自然園からの登り始めと天狗原の木道が終わった後、乗鞍岳への岩が積み重なった歩き難い急登がある。これをクリアーした後に現れる白馬大池周辺の眺めは池と雪渓と高山植物とそして、その周辺の山並みが相まって山上の楽園と言える程の美しい所と思う。 と先輩から聞いて登るアルプスは白馬岳。総勢9名の中で新人2人でしたが、
第1日は> 4月からの訓練の甲斐あって順調なペースで進んだ。積み重なった大岩、雪渓を越えると這松が広がる乗鞍岳の稜線へ着くと、白馬大池辺りのお花畑をはじめ様々な高山植物に出会う。池畔のテント場に到着、周りを見渡すと花花・・・。乗鞍岳2436m良く登ったなぁ〜!、2000mしか登ってない私には安堵の解放感。
第2日は> 5時すぎテント場出発、風が少し寒い。先程出発した大池がドンドン小さくなっていく。登って行くほど強風になったのか風に煽られ、風が吹けば寒いが休むと暑い、ほどほどの風が欲しいと贅沢な思いをしながら小蓮華山・三国境(名前は聞いた)を越え、馬の背(痩せ尾根の岩場、東側は崖)を慎重に歩く。“もうすぐ頂上!”の声に初登頂の私たちは先頭を歩かせてもらい、8時55分白馬岳登頂!!!!ヤッター!!2932m制覇、白馬岳とったど〜!
登れて始めて味わえる素敵な空間。そして瞬間切れた雲間から垣間見られた圧巻の剱岳。
夜・満天の星空、後ろに倒れそうになる程空を仰ぎ見てこんなに綺麗な星空があったんだと感。
夏白馬 懐かれ愛でる 百花乱     降る星を 手折りてみたし 夜の秋 
第3日は> 帰りたくなくても下山。乗鞍岳でもう一度山並みを振り返る。大池の青い瞳に分かれて山を後にしました。あんなに大変な思いをして登ったこの道をゆっくり思い返しながら。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。


2013年度活動実績(抜粋)の表に戻ります。

雪山テント泊:塔ノ岳登頂          
≪期日≫2014年2月22日〜23日   ≪メンバー≫  5名。

記録的な大雪となった今冬2月は、登山計画がどんどん中止となっていって、テント泊で大倉尾根からの塔が岳登頂となっていった。
今回の塔ノ岳は私にとって初めての雪山テント泊でした。雪山用に荷物を一式揃えて背負うのも初めてであり、いつもの沢登りとは違う荷物のボリュームに不安な気分もありましたが、近場で朝もゆっくりであったこと、1日目にあまり長い距離を歩かなかったことで、少し余裕をもってクリアすることができました。
ピッケルを使った耐風姿勢訓練も受けましたが、それよりも雪の中で歩くためのキックステップは、感覚がまだ十分には掴めていません。それでも先輩たちのあとについて歩くと、お手本があるのでずいぶんと楽でした。まだしばらくは試行錯誤が必要そう。
テントの中では、のんびりマイペースを発揮し、だいぶ皆様に甘えさせて頂きました。「雪山登山では、無理して自分を押えないこと。普段着の自分でいてほしい」、とのアドバイスを有り難く受け止めつつ、これから色々なことを覚えていきたい、いかなければと思います。
登るに連れてどんどん雪が多くなり、冷たい風の吹き抜ける塔の岳山頂は登頂記念写真を取るだけですぐに下山、タッチアンドゴー!。
雪山とはこんなものなのかな・・!

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

2013年度活動実績(抜粋)の表に戻ります。

お問い合わせ
山岳会:湘南ひよこの連絡先
〒254-0019
神奈川県平塚市西真土 3-6-34
古正 昌男(フルショウ マサオ)
E-mail shonan_hiyoko@yahoo.co.jp



山岳会:湘南ひよこ2016年度活動実績2015年度活動実績2014年度活動実績2013年度活動実績2012年度活動実績

山岳会:湘南ひよこ 2012年度活動実績(抜粋)

活動山域・山名参加数
2012年
03月(八ヶ岳)赤岳雪山登山5人
04月(丹沢)四十八瀬川本流遡行4人
03月(低山雪山)中央線沿線:本社が丸6人
03月(低山雪山)(丹沢)丹沢山4人
04月(沢登り技術訓練&勉強会:(丹沢)モミソ沢16人
05月(沢登り技術訓練:小草平の沢遡行(新人訓練)9人
05月(丹沢・玄倉川)桧洞遡行 6人
06月(奥多摩)矢沢:軍刀利沢遡行6人
07月(テント泊体験訓練&夏山ボッカ訓練16人
07月(奥秩父・東沢)釜の沢右俣遡行3人
08月(夏山合宿)南アルプス:甲斐駒・仙丈岳10人
09月(西黒尾根より)谷川岳5人
09月(奥秩父)金峰山 9人
11月(レディースハイク:中央線沿線)高川山6人
12月(女性のための読図訓練)高松山12人
12月(ナイトハイク:丹沢)大倉尾根8人
12月(新人歓迎山行:丹沢)鍋割山ハイク12人
2013年
01月(八ヶ岳)北横岳雪山登山7人
01月(弘法山:新春鍋ハイク & 遭対訓練17人
02月(奥秩父)瑞垣山雪山登山5人
03月(天神尾根より)谷川岳雪山登山7人

八ヶ岳:赤岳(雪山登山)          
 期 日 】2012年3月24日〜25日    

美濃戸に着くと珍しく数台しか駐車していない、天気がいまいちだからだろうか。
南沢より行者小屋を目指すが、スケートリンク状の上に新雪が積もっていて何とも歩きづらい。
行者小屋に到着し、テント設営中に急激に寒さが増し手の感覚がなくなる。早々に設営を済ませてテントに潜り込んで一息いれた。ゆるゆると明日に備える。
翌日は暗いうちに起きると既に吹雪いており、状況が悪そうなので予定通り文三郎尾根ルートにした。あまりの寒さと風で休む場所がなかったが、阿弥陀岳分岐を過ぎた岩陰で小休止をとる。
ここからが夏の鎖場で岩場の通過だ、緩雪と氷化部分のミックスでやっかいな状態だが、吹雪を背中に受ける登行なのでその分危険が回避できたことは幸い。
最後の山頂直下ルンゼを超えると無事に登頂出来た。頂上でたった1枚の記念すべき記念撮影が出来たことは良かった。
下りも同じルート。滑落を避けるために山頂直下から何ピッチかのザイルフィックスで下降した。風はそれ程でもなかったが氷粒混じりの雪煙が下から吹き上げる為、寒いうえに痛かった。
3月後半なのに厳冬期並みの厳しい登山となった、やはり自然は侮れないものだと教訓。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

2012年度活動実績(抜粋)の表に戻ります。

ハイキングの為の岩場勉強会に参加して          
期 日 】2012年4月22日  

大きな岩場でしたが、思ったより怖くなく楽しかったです。
“もっとゆっくり登れ!”と言われたが、自分ではそんなに早く登っているとは思っていませんでした、高いところはわりと平気なのに。
ロープの結び方、三点確保、バランス、手の持ち方・足の置き方など基本を教わっていざ岩に向かう。頭ではわかっているつもりでしたが、実際に登ってみると足場を確保するのが精いっぱいでよくわからなくなりました。でもそんなに怖くはなかった。
こういう訓練はなかなか個人では出来ないので、指導していただき大変ありがたかった。
ひとこと(なぜハイキングの岩場訓練をやるのですか?)
『岩登りの訓練などそんな危ない事はしません、私達はハイキングをするのです、安全だから』。そんな声を良く聞きます、本当にハイキングは安全なのでしょうか??。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

2012年度活動実績(抜粋)の表に戻ります。

(丹沢:玄倉川流域)桧 洞 遡 行          
期日】2012年5月12日〜13日   

泊まりでの檜洞を遡行してきました。桧洞は玄倉川の上流に位置し金山谷乗越へ突き上げていて、丹沢には珍しく大きくゆったりした白い花崗岩の綺麗な沢です。
玄倉のバス停から玄倉林道を約3時間、新しい青崩隧道がどうだとか向こうは何沢だとか、他愛無い事を話しながら来たせいかそれ程長くは感じなかった。
ユーシンロッジ裏手から金山谷乗越へ通じる「しっかりとした踏み跡程度」の道を辿って思ったより早く魚止の滝に着いた。高さは5m程度だが形の良い堂々とした滝だ。
右岸から越え、すぐに吹き割の滝、更にユーシン沢との二俣となった。
ここから奥魚止の滝までが長く感じたが、途中での綺麗なナメと大きな渕を持った滝、白い大きな花崗岩が多く現れ美しい。ここが丹沢とは思えない渓相に来る価値は十分ある。
左からザンサ洞が入ってきて3mCS滝を越えた辺りが技術的核心部分。美しく渓相見事な奥の魚止めノ滝を越えたところで今日1日を終える。美しく渓相見事な遡行に、1日の至福の時が流れた。
翌日は快晴の朝を迎える、陽光の下での新緑が美しい。
丹沢山塊の最奥部にあって今日は行程長く、ルート読みが主体となる。沢分岐になるとコンパス,地図,高度計でルート確認するのも楽しみの一つ。
経角沢の枝沢からガレを詰めて同角山稜1400m付近の台地に出た。
ここで遡行終了。装備を解き、石棚山稜からツツジ新道を通って奥箒沢山の家に下山した。
長い詰め部分を楽しみながらクリア出来たことは天候が持ち直してくれたことが幸いした。沢登りは毎回そうだが、天候悪くなった時に備えた事前の情報収集と的確な現地判断が重要と思った。

写真をクリックすると写真のみ表示されます。

(丹沢・玄倉川)桧洞遡行
2012年度活動実績(抜粋)の表に戻ります。

お問い合わせ
山岳会:湘南ひよこの連絡先
〒254-0019
神奈川県平塚市西真土 3-6-34
古正 昌男(フルショウ マサオ)
E-mail shonan_hiyoko@yahoo.co.jp

アクセスカウンター
無料アクセスカウンター
無料カウンター